研究紹介

 

実験プロジェクト

日下研究室では、複数の国際共同プロジェクトへ参加を通して、世界の最先端のCMB観測を行っています。

Simons Observatory

Simons Observatoryは、2016年に発足した大型プロジェクトで、インフレーションからニュートリノ、宇宙の構造形成まで、幅広い宇宙論の分野で大きく研究を前進させることが目標です。2021年の観測開始を目指して、望遠鏡・カメラの設計と開発を進めています。日下研究室では、レンズを入れて1Kの極低温まで冷却する光学筒の設計や作成、超伝導ベアリングを用いた半波長板システムの開発、ワイヤグリッドを用いた校正装置の開発、超伝導検出器の評価測定、データ取得系、そしてデータ解析などを担当しています。

Simons Array

Simons Arrayは、2019年に観測開始した、POLARBEARの後継実験です。最終的には、3台の望遠鏡、約2万個の超伝導検出器を用いて、CMB偏光を測定します。初期宇宙インフレーションの物理の他、重力レンズ効果を通したニュートリノ質量測定などを行います。日下研では、データ解析に重点を置いて研究に参加しています。

 

装置開発

新しい技術を用いて、新しい測定をし、新しい物理の見知を得ること。それが、実験物理学の醍醐味であり、日下研の目指す研究スタイルです。

日下研では、必ずしも特定の技術を習得することがゴールだとは考えていません。それがどのような技術であっても、最新のものを、自分の頭で考え、自分の手で組み立てて、たくさんの失敗を経て高感度の測定を行うこと。そしてそれを物理に結びつけること。このプロセスこそが最も大切なものだと考えます。そうして得た経験は、たとえ将来どんな分野に行っても、それが実験物理であれ、民間での開発であれ、きっと学生のみなさんが世界の先端を切り開いていく武器になるはずです。実際、日下准教授は素粒子実験物理学で博士号を取得しましたが、現在は宇宙背景放射の測定という、全く異なる実験技法を用いる分野で研究を行っています。それでも、素粒子実験物理を通して培った実験に対する考え方、想像力、そしてデータ解析方法が生かされています。

以下に示すのは、本研究室で用いる実験手法の一部です。100mKを下回る低温技術、その環境を活用した高性能量子センサーから、超伝導ベアリングを用いた半波長板システムまで、幅広く、またそれ自体に物理学的な面白さのある実験技術を用いるところは、宇宙背景放射測定の醍醐味の一つと言えます。

極低温下で動作する超伝導センサー

100 mKという極低温で動作する超伝導センサーは、宇宙背景放射観測だけではなく暗黒物質探索やその他の精密測定に幅広い応用を持つ、未来の超感度検出器です。日下研では、Simons Array, Simons Observatoryで使用されている超伝導転移端センサー (Transition Edge Sensor: TES) や、力学インダクタンス検出器 (Kinetic Inductance Devises: KIDs) の開発を進めています。

超伝導転移端センサーは、超伝導体の転移温度付近における急峻な抵抗値変化を利用し、光のパワーを電気信号に変換して検出します。日下研では、このセンサーの熱的・電気的特性、さらに光学的特性を評価するために、極低温環境を作り出す希釈冷凍機や、精密抵抗測定器、黒体放射光源を用いて測定環境を構築し、評価手法を開発しています。また、検出器の開発元である、米国ローレンス・バークレー国立研究所 (LBNL) や米国立標準技術研究所 (NIST) へ評価状況をフィードバックし、共同で研究を進めています。

   

左図: 超伝導転移端センサーの試験用チップ(LBNL, UC Berkeleyより提供)
右図: 日下研で検出器開発に使用している希釈冷凍機

多数の検出器の同時読み出し

微弱な宇宙マイクロ波背景放射(Cosmic Microwave Background; CMB)の偏光信号を精度よく捉えるためには、検出器一つ一つの感度を向上させるだけでなく、検出器の数を増やすことが必要となります。さらに言えば、近年のCMB実験で用いられている超伝導転移端センサ(TES)のノイズレベルは、CMB光子の数が揺らぐことによる原理的なノイズレベルを下回っているため、検出器の数が実験の感度を決定すると言っても過言ではありません。我々が参加している次世代地上CMB観測実験Simons Observatory(SO)では計6万個のTESでの観測を予定しています。

検出器への熱流入を防ぎつつ、多数のTESを0.1Kという極低温で動作させるためには、少ない配線で多数の検出器を同時に読み出すこと(=多重化)が必要となります。SOでは、マイクロ波共振器と超伝導量子干渉計(SQUID)を使い、それぞれのTESを異なる共振周波数の共振器に割り当てるマイクロ波多重化(Microwave SQUID Multiplexer ;μMUX)が採用されており、1対の同軸線当たり1,000個のTESを読み出すことを予定しています。日下研では、SLAC National Accelerator Laboratory、Princeton大、National Institute of Standards and Technology(NIST)、京都大などと連携して、SOに用いられる読み出しモジュールのノイズレベルやクロストークを評価するための測定系の構築を行っています。

冷凍機内に配置されたテスト用読み出しモジュール(Princeton大より提供)

偏光角較正装置の開発

宇宙背景放射にはEモード偏光とBモード偏光と呼ばれる2種類の偏光成分が含まれています。特にBモード偏光にはインフレーション期に生成される原始重力波の痕跡が残されていると予想されています。現在の宇宙背景放射観測では、この原始重力波由来のBモード偏光を検出することを目指しています。

宇宙背景放射の偏光を観測するうえで重要なのは、検出器の偏光角を正確に較正することです。検出器の偏光角が誤っていた場合、Eモード偏光がBモード偏光に漏れ込んでしまい、Bモード偏光が観測できなくなってしまいます。そのため、現在の偏光観測実験では高い精度での偏光角較正が求められています。

偏光角の較正のためには、偏光の向きがよく知られている光を望遠鏡に入射させることが必要です。次世代実験であるSimons Observatory実験では、これまでの実験よりも高い精度で偏光の向きをよく知っている光を入射させる装置を開発する必要があります。  日下研ではまばらに張った金属ワイヤー(スパースワイヤーグリッド)を偏光子とする、偏光角較正装置の開発を行っています。スパースワイヤーグリッドによって作られる偏光はワイヤーの向きに沿っているので、ワイヤーの向きを追跡することで入射する偏光の向きも正確に知ることができます。このようにスパースワイヤーグリッドを用いた偏光角較正装置はシンプルな構造でありながら偏光角を精度よく較正することができる、非常に強力な装置となっています。この装置は京都大学およびKavli IPMUと共同で開発・作成を行っており、Simons Observatory実験の小口径望遠鏡群(Small Aperture Telescopes)に搭載する予定です。

 

左図: 小口径望遠鏡に搭載するスパースワイヤーグリッド偏光角較正装置
右図: Simons Observatory実験の小口径望遠鏡

高温超伝導ベアリングを用いた連続回転式低温半波長板

宇宙背景放射観測の重要課題として、偏光を精密に測定する、という事が挙げられます。日下研では、これを達成するために、真空・低温で連続回転する半波長板システムの開発を行っています。真空・低温環境での完全非接触の連続回転機構は、高温超伝導ベアリングと非接触モーターにより実現しています。連続回転する半波長板による偏光変調は、宇宙背景放射の大規模な揺らぎを地上から測定する上で特に問題となる大気の揺らぎや、望遠鏡内部で生じる”偽偏光”といった効果を劇的に抑制します。連続回転式半波長板の果たすこれらの役割は、検出器数の増大により感度を向上してきた宇宙背景放射観測のこれからにおいて特に重要です。Kavli IPMUや米国ローレンスバークレー研究所と共同で開発・作成した世界最大口径の低温連続回転式半波長板システムは、Simons ArrayやSimons Observatoryに採用されています。

 

左図: 連続回転式低温半波長板の回転機構。直径約900 mm。中心にサファイアの半波長板が搭載される。回転する半波長板を通して宇宙背景放射を測定する。
右図: 日下研で開発中の低温半波長板用冷凍機。

半波長板に用いる反射防止膜製作

宇宙背景放射の偏光信号はとても小さいため、誤差を小さくして感度の高い実験を必要とします。光学系には系統誤差を生じる原因が複数存在するため、これらを最小限に抑える装置を開発する必要があります。Simons Observatory (SO) で使用されている光学素子の1つである半波長板はサファイアでできていて、屈折率が大きいため多くの光を反射してしまいます。より多くの光を検出器に届け誤差の原因を少なくするため、サファイアの上に屈折率の違う誘電率である反射防止膜(Anti-Reflection coating)を置き、反射率を小さくします。目的とする広い周波数帯で低い反射率を実現する為には複数層のコーティングをする必要があります。実際の観測で使われる直径50 cm 程の大きいサファイアのコーティングはまだ実現されていないため、半波長板が置かれる低温下でも割れずに反射率を下げることができる最適なコーティングを、KEKやKavli IPMUと共同で開発しています。この方法が確立できれば Simons Array (SA) や SOで利用できる上、次世代CMB-S4実験でも応用できる技術となります。

 

左図: IPMUでの反射率測定の様子
右図: サファイアにコーティングを施した様子(photo credit, Masaya Hasegawa)

低温光学筒

Simons Observatory実験の小口径望遠鏡の主要部品である光学筒の開発を日本グループが主導しています。小口径望遠鏡の光学系はレンズを用いた屈折光学系を採用しています。(光学系の設計も日本グループが設計しました。)光学筒の役割はシミュレーションで設計した光学系を、実際に実現することです。特に、我々の光学筒は極低温(1 K!)で動作するため、熱収縮を考慮して極低温でレンズなど光学部品が理想的な場所に保持されるように設計しています。また、内部は電磁波吸収体(黒体)を日本グループで開発し、更に新たに設計したバッフル構造と合わせて余計な光を止める構造になっています。2021年に1代目の光学筒が完成し、これから2台目、3台目とすべての光学筒を日本グループが担当する予定です。

  

左図: 低温光学筒
右図: 低温光学筒用冷凍機